葦のつぶやき

 江別に住んで三十年あまりになります。始めてこの地に来たとき電線を震わせる風の音がいやでした。それが今では他の地に住むのは考えれれないように根を下ろしてしまいました。

Saturday, March 11, 2006

梅の開花便りを聞いて


 故郷の掲示板に梅の花が咲きました。朝、通勤にコートを脱いでいこうかと思う陽気になりました。そちらはどうですか? と書いてありました。
 朝、4時半に目を覚ましていつもの通り本を読みました。でも、この頃お休みしていたウォーキングに出かけることにしました。でもまだまだウォーキンググッツが欠かせない状況です。目無し帽をかぶりたい心境ですがギャングと間違われても困るので,しょうちゃん帽を頬のところまで深くかぶりました。そして、マフラーを頬にぐるぐる巻いて、上からヤッケの帽子を深くかぶりました。幸いこの時期では朝の散歩に出る人も少ないです。誰にも会わないで済みました。もっと暖かくなるとこの時間はウォーキングのラッシュだからそうもいかなかったでしょう。兎に角気温の変化には気をつけなければ、先日ガン検診に行ったばかりです。未だ結果も聞いていないのに脳卒中でも起こしては困ります。この何日かの暖かさで道路に雪がなくなってとても歩きやすい。しかし、まだ3月の中日です。いつ4.5日前のような雪景色になるかわからない。
 今朝ラジオからとても懐かしい歌が流れました。


1 朝はどこから 来るかしら
   あの空越えて 雲越えて
   光の国から 来るかしら
   いえいえ そうではありませぬ
   それは 希望の家庭から
   朝が来る来る 朝が来る
  「お早う」「お早う」

2 昼はどこから 来るかしら
   あの山越えて 野を越えて
   ねんねの里から 来るかしら
   いえいえ そうではありませぬ
   それは 働く家庭から
   昼が来る来る 昼が来る
   「今日は」「今日は」

3 夜はどこから 来るかしら
  あの星越えて 月越えて
  おとぎの国から 来るかしら
  いえいえ そうではありませぬ
  それは 楽しい家庭から
  夜が来る来る 夜が来る
  「今晩は」「今晩は」

(MIDI制作:二木紘三)


--------------------------------------------------------------------------------

〔蛇足〕昭和21年(1946)リリース。同年5月にNHKが放送を開始したラジオ歌謡シリーズの1曲として制作されたもの。歌詞は文部省かどこかの「健全な家庭を築こう運動」のキャンペーンソングのようですが、その説教臭を闊達なメロディが和らげている感じです。

3 Comments:

At 2:43 AM, Blogger meg said...

懐かしいですね。私も昔歌った記憶があります。

 
At 3:10 PM, Blogger フロリダの風 said...

懐かしい曲のアップありがとうございました。コピーして私のミュージック・ファイルに早速保管させて頂きました。
ファイルを開けて暫し、懐かしの歌で楽しんだ私でした。
まだ散歩にも寒い北国の事、どうぞお体を御自愛下さいませね。

 
At 2:56 AM, Blogger mariko said...

フロリダの風さんコメントを有難うございました。あなたのミュージック・ファイルに入れていただけてよかったです。フロリダの風さんもお忙しい日常のようですがどうぞお体を大切にお過ごしください。

 

Post a Comment

<< Home