葦のつぶやき

 江別に住んで三十年あまりになります。始めてこの地に来たとき電線を震わせる風の音がいやでした。それが今では他の地に住むのは考えれれないように根を下ろしてしまいました。

Friday, April 28, 2006

幸運な犬

 ある年のふだん記より      
 ベランダから庭を見ていたらシロと目が会った。シロが家に来たのは昨年の七月の末だった。
一昨年に十数年いた愛犬の銀がなくなって、もう悲しい思いはしたくないと思ったのに家族の反対を押し切ってシロを連れて来たのは私だった。
妹が引越で三匹の犬の行き先に困っていた。可哀相だが最悪の場合は保健所にというので我が家で引き取ることにした。
シロは前にも二、三度飼い主の都合で保健所送りにというのをくぐりぬけて妹の家に来たという。だから妹はシロを幸運な犬と呼ぶ。私にはわかったようでわからない理屈だった。
 妹の家では自分の分をわきまえて、三匹の犬の中で小さくなっていたという。しかし、我が家に来ては“へえー! この犬が!うそっ!”というようにシロは態度がでかい。
動物には優しい主人の性格と、動物にも邪険な私の性格もシロはすぐに見抜いた。
ベランダから私達の動向を見張って、家の中から目を離さない。
私を見ても知らん振りだが主人だとわかると鼻を鳴らすから耳障りでうるさい。居間から主人が出ただけで自分へと続く道をじっと見ていて、姿を現そうものなら全身で飛び跳ね、前足をすり合わせ尻尾を振って歓待する。そしてえさ入れを咥えて自分の所に来るのを待つ。えさ入れが無ければ木の葉でも枯れ枝でも咥えれるものなら何でもいいみたいに思っている。いつでも主人が時間に関係なく食事を与えているわけではないのに主人イコール食事と思っているのがユーモラスだ。
主人がシロを撫でようものならまるで主従が逆なように手を休めるなと何度でも催促する。
 家族からは“お父さんがシロを甘やかすからシロがうるさいんだ”って嫌味を言われる。
私が畑の植物を味わうより生育過程を見るのに安らぎを感じるように主人はシロに癒されているようだ。 
パソコンのゲームを趣味とする主人のためにシロがきて良かったなあと思う。

3 Comments:

At 3:00 PM, Blogger フロリダの風 said...

賢そうなシロちゃん。可愛いですね~。
私も動物大好き人間で、今までに猫や犬、鳥やを随分飼ってきました。
現在は犬2匹、猫一匹と今までには一番数が少ないのはだんだん私達の加齢に伴い今後のことも考えもうなるべく動物を増やさないで行きたいと思っているからなのです。
動物愛護協会のメンバーでもあります。
一般的には人間より動物の性格は良好であるものですが、物言えぬその性が哀しくもありますね。

 
At 6:37 AM, Blogger mariko said...

 フロリダの風さん、そうですね。動物は物を言わないから人間が察してやるべきなのでしょう。私の子供の頃も犬や猫や鷹や、豚や、馬やいろんな動物を飼いました。その時々付き合った死、それがイヤだったのです。だから生き物はなるべく飼いたくないのですが夫や子供は動物大好き人間です。だから犬や、猫や、亀や、ウサギや、昆虫と連れてきます。その度に私がその動物達と付き合う破目になるのですが。今度のシロは夫が家に居るので任せていますが。夫にはこのシロが書いたように癒しになっています。もう17,8歳になっているからだいぶ弱っていますが何時までも付き合えるといいのですが。

 
At 2:00 AM, Blogger mariko said...

 早いものです。白がいなくなって2ケつきがすぎました

 

Post a Comment

<< Home