葦のつぶやき

 江別に住んで三十年あまりになります。始めてこの地に来たとき電線を震わせる風の音がいやでした。それが今では他の地に住むのは考えれれないように根を下ろしてしまいました。

Sunday, March 26, 2006

徒然の日

 春の足音と共に朝、散歩に出るようにしている。ピーンと空気が張った中、歩を進める。
今の季節は町も人も眠っているのかあまり人には会わない。それでも途中ご主人と綱引きでもしているように手足を突っ張らせて散歩している犬と逢う。犬は小さいのに引き締まった身体をしていた。まあ綱の引き手が中年の男性だから突っ張る綱をきちんと引き戻している。
 道端に落ちているうらぶれた松ぽっくりポケットへ。このごろパソコンで絵を描くことに熱中している。これを上手に描けるかなと思いにんまりする。ある日自分のポケットの中身を出したらきっとドラえもんのポケットのようになっているかもしれない。  Posted by Picasa
 昨日、思いがけない友達から電話があった。
友達の友達が家事を放棄すると夫に宣言し、そのとおりにしていると話していた。
その友達は家をきちんと守る良妻賢母型だったらしい。
彼女の心の奥は計り知れない。もしかして、自分を殺して賢く見せて生きる事が急に馬鹿らしくなったのかと考えを巡らせる。
私は夫に上手におだてて家事をさせる才覚が無い。それに私の家なら夫はそれを良しとしないであくまでも抵抗するだろう。私も小心ものだ。たまに飲む会合に出ることもある。出たらこっちのものと友達には豪語する。夫は何時までに帰って来いとか、うるさく言う人ではない。でも、自分が自分を縛ってしまう。気持ちはシンデレラと同じだ。ある時間が過ぎると家のことが気になって仕方が無い。夫は寝たか? あれはどうか? これはどうかと気持ちがそわそわしてしまう。そうなるとその場にいても楽しくない。人にも迷惑をかける。それで一足お先にと帰ってきてしまう。
私は遊ぶことも、何もしないことも、大好き人間だ。たまに夫が釣りにでも出かけて二、三日留守になると聞いただけで嬉しい。口では一人では淋しいわ。といいながらも一日目は映画でも、二日目は友達と会って食事をとか思い巡らす。でも、結局は何もしないで済んでしまうことが多い。
夫が今日は俺が食事の支度をする、あんたはすきにしていいよ。なんていってくれたらどんなにか嬉しいだろう。でも、夫は言わないし、言ったとしても、二日、三日となると自分が黙ってはいられない。何もしないでいられるような性格ではないのが自分でも解かる。人のことながらそれを通すことにストレスを感じる。  Posted by Picasa
どんな生き方をするにしろ、それなりの覚悟が必要だ。生半可な考えではそう徹することは中々難しい。
我が家ではそれをよしとするのは自分が壊れた時か、重病人になったときぐらいだろう。そうならないように思うのが賢明なのかもしれない。
子どもがそれぞれに家を出て夫婦二人だけになった。今は適当に家事をして適当に手伝ってもらって適当に暮している。なんて散歩をしながら考えた。
三日坊主の私とてこの散歩がいつまで続くか、せめてこのふだん記が発刊される日ぐらいまで続けたいものだと思う。

1 Comments:

At 11:26 AM, Blogger フロリダの風 said...

実は私は「何もしたくない人間」なのですよ。しかし何もしないわけにはいかない人生を送っているわけで、、。
アメリカ人の夫は働き者で几帳面人間であり、料理も家事も手伝ってはくれるのですが、彼に負担をかけるのがこれまた私には負担でありまして矛盾している自分があります。
2度目の子育てはちっとは慣れていても良さそうと思うのですけれど、なかなかそうもいきませんですよ。
加齢による疲れはどうしようもありませんですしね。(苦笑)

 

Post a Comment

<< Home